スポンサードリンク







季節の変わり目は気をつける(HSP)

HSP

HSPはとても繊細で敏感です。

夏が過ぎ、秋めいてくると、気温がふっと下がってきて、街のあちこちがもの寂しい雰囲気を醸し出します。

この季節、HSPの心はとても敏感に何かを感じていると思います。

私は毎年、この季節になるととても気持ちがしょんぼりします。

特に大きな問題があったりするわけではないのですが。

暑くて活発だった自然も、緑が減り冬に向けて準備を始めます。

人々は少しずつ厚着を始め、見るもの聞くものがすべて「季節が変わるよ!」という情報を送りこんできます。

そんな雰囲気を敏感に感じてしまい、自分の活動エネルギーも減ってしまうのでしょうか。

ついつい、社交スイッチを切ってじっとしてしまいたくなってしまいます。

暖かい飲み物と毛布が欲しくなります。

 

以前は珈琲が大好きでしたが、HSPはカフェインに敏感だと知ってから、よくよく自分の体と相談した結果、カフェインが人生の質を下げていることに気づきました。

HSPは柔らかい手触りを好むと知って、なぜお気に入りの毛布がこれなのかを理解しました。

 

HSPという概念を知ることで、自分をよく知ることができ、人生の質を向上させることができます。

 

大切なのは、理解することと、受け入れること。

特に、「受け入れること」。

これがとっても重要です。

 

こんなことが書いてあります

関連記事

KARAKAL(カラカル)のラケットにこだわるバドミントンプレイヤー。HSP(Highly Sensitive person)であると同時にカフェイン過敏症。
バドミントンライフの記録を中心に、HSPさんとして日々感じることなどについても記事を書きます。

スポンサードリンク













HSP

Posted by notaio