スポンサードリンク







【バドミントン】ハイバックが飛ぶ!!飛ばないと悩んでいるあなたにオススメの3つのステップ

バドミントン, ハイバック

 

憧れのハイバック…もっと飛ばしたい!

バドミントンプレーヤーなら、一度はハイバックでしっかりとシャトルを飛ばす姿に憧れをもったことがあるはず。

しかし、学生のときにみっちり鍛えられでもしない限り、なかなか身につかないのがハイバック。

バドミントンの練習には体育館(コート)・シャトル・相手が必要になるため、自分だけの努力ではなかなか上達できないんですよね。

そんなあなたのために、たった3ステップでハイバックの型を作り、自宅で一人でもできるような練習方法をご紹介します。

ただし、基礎打ちが普通にできる方向けとなりますので、グリップの握り方すらわかりません、という初心者の方には向きません。

 

ちなみに、私はこの練習を繰り返したことで、強力なハイバックが打てるようになりましたよ!

 

それでは説明していきます。

ステップ1.バックハンドロブの打点を右肩の上へもってくる

ハイバックについて解説した記事をたくさん読みましたが、どれもピンとこなかった私にとって、実際にハイバックを打てる知人との世間話でポロッとでてきたこの表現が一番ぴったりはまりました。

 

「ロブとやってることあんま変わらんからねぇ~」

 

おぉ!それだ!

とビビッときたのを覚えています(笑)

 

みなさんよく基礎打ちをするとき、相手がドロップやカットを打ってきたものをバックハンドのロブで山なりにコート奥へ大きく返しますよね?

このとき、そんなに力を込めなくてもコート奥までシャトルが飛んで行ってくれると思います。

このバックハンドロブで奥まで飛ばしているシャトルが、同じ勢いで真横に飛んで行ったと想像してみてください。

 

 

…結構な距離を飛んでいくようなイメージが湧きませんか?

 

そのイメージができればかなり前進です。

バドミントンにおいて、イメージはとても大切です。

打てそうな気がする、できそうな気がすると感じたショットは、理屈抜きで打てるのがバドミントンです。

 

まずは、バックハンドロブでシャトルをとらえている打点を、右肩の上(左利きの方は左肩の上)にもってきたと考えて、ラケットを振ってみてください。

 

はい、これで基本ストロークはほぼ完成です(笑)

何度もイメージを確認しながら素振りをしてみてください。

飛びそうな気がして早くシャトルが打ちたくなるはずです!

 

 

ステップ2.「右足のつま先を外に向けて踏み出しながらの1の素振り」を繰り返す

次は踏ん張る練習です。

バドミントンは手首や肩に注意がいきがちですが、土台である足腰が踏ん張れるかどうかでシャトルの飛距離は大きく変わります。

ハイバックが飛ばない理由の一つが、「うまく踏ん張れないから」です。

肘から先だけの力でシャトルをコートの奥から奥へ飛ばせれば誰も苦労しません。

足腰で踏ん張ってパワーを上乗せしなければ飛距離は伸びません。

 

ということで、踏ん張る練習をしましょう(笑)

 

ハイバックは相手に背中を向けて打ちますので、自分の後ろに向かって踏ん張りがきく必要があります。

 

みなさんは「おしくらまんじゅう」をされたことありますよね?

お尻や背中で自分の後ろへ向かって相手を押し出す遊びです。

踏ん張って相手を後ろに押し出そうとするとき、自分のつま先はどこへ向いているでしょうか?

外側を向いていませんか?

きっと向いています(笑)

 

ということで、ハイバックは、右足(左利きの人は左足)のつま先を外に向けて着地しながら踏ん張って打ちましょう。

 

慣れないうちは足がうまく開かなかったり、太ももやお尻の筋肉が筋肉痛になるかもしれませんが、その筋肉が必要な筋肉だと思って鍛えてあげてください。

 

右足(左利きの人は左足)つま先を外に向けながら一歩前に踏み出す

これと同時に

1の素振り

を行ってください。

 

これで、ハイバックでシャトルを打つ瞬間の型ができあがります。

 

この動きを、暇を見つけて何度も何度も繰り返してください。

家でラケットを振ると天井や壁にぶつかるので、なにか短い棒状のものを握ってグリップを振っている気持ちになってやればOKです。

最初はバランスがとれずグラグラしていても、体が動きを覚えてくると、グッと踏ん張りがきいて自分の後ろへシャトルを飛ばすための力が入るようになってきます。

力まなくていいので、ダンスの振り付けだと思って、とにかく体がその動きを覚えるまで回数を繰り返しましょう。

 

ステップ3.打点を調整する

さて、2を繰り返して型が整ってきたら、実際にシャトルを打ってみてください。

おそらく以前より踏ん張りがきいて飛んでいきそうな感覚が出てきてると思います。

しかし、シャトルには当たらないと思います(笑)

自宅で素振りしてただけですからね(笑)

でも、ここまでできれば、あとは当てるだけです。

 

作った型の打点にシャトルがくるようにタイミングや位置を調整してみてください。

 

やり方はこんな方法でいいと思います。

・理解ある仲間にトスをあげてもらう

・基礎打ちでクリアーを打つときに打たせてもらう

・自分でシャトルを真上に打ち上げ、落下点で合わせる

 

一発でも

グッ!(いま体にうまく力が入った!)

パン!(いまシャトルを強く打てた!)

という手ごたえがあれば、それを大事に育てていきましょう。

 

いきなり奥までは飛びませんが、以前より力が入って距離が伸びたのであれば、努力の方向は間違っていません。

あとは同じことを繰り返して練度を上げていくだけです!

 

ハイバックできれいにシャトルを飛ばす日はそう遠くありませんよ!

 

まとめ

以上、ハイバックを飛ばすための3ステップでした。

最近は、ガットのテンションを高めにするのが流行っていますので、飛ばない理由がガットのテンションにある方もおられるかもしれません。

ガットのテンションが高くても、自分に合っていなければデメリットも多く、「シャトルが飛ばない」というのも一つのデメリットです。

この3ステップとあわせてガットのテンションを見直してみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

私自身、たくさんの動画や記事を読んでも、いまいちピンとこなくて感覚を掴むのに時間がかかりました。

みなさん本当によく勉強しておられて、理論や方法論がしっかりしておられます。

でも、結局自分がハイバックを身につけた道筋というのが、この3ステップでした(笑)

おそらく私のようなタイプの方もおられると思いますので、需要があると思って記事にしました。

○○筋を使って~とか、理論的に正しく理解されたい方はもっと良い情報を参照してみてください。

この記事はあくまで、「イメージを掴んで手っ取り早く飛ばす」ことだけに焦点を当てています。

ストレート・クロスの打ち分けのためのグリップ方法など細かい部分は、別途取り組んでみてください。

 

以上、参考になりましたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

関連記事

KARAKAL(カラカル)のラケットにこだわるバドミントンプレイヤー。HSP(Highly Sensitive person)であると同時にカフェイン過敏症。
バドミントンライフの記録を中心に、HSPさんとして日々感じることなどについても記事を書きます。

スポンサードリンク