スポンサードリンク







ラケットは重さ?バランス?

バドミントン, ラケット

ラケットで重視すべきは、重さ?バランス?

カラカルのラケットをいろいろと持ち替えながら、いろんなプレーを楽しんでいるわけですが。

以前は、重さ(ラケットの総重量、3Uとか4Uとか)が一番大事だと思っていました。

実際、

3Uのラケットを軽いラケットのように扱いたければ、トップライトに近づけるといい、

というような助言をされる方もおられましたし。

 

確かにそういう面もありますが、ラケットを持ち替えて感覚が狂いやすいのは、重さよりもバランスなのではないかと感じるようになりました。

 

軽いラケットのトップヘビーと重いラケットのトップライトでは、スイングスピードは似てくるかもしれませんが、コントロールという面では、感覚が全然違ってきてしまいます。

ラケットの総重量が軽くても、トップヘビーのラケットはやはりヘッドに振り回される感じがありますし、逆にラケットの総重量が重くても、トップライトのラケットはヘッドが簡単に動きますので、シャトルにあてるタイミングが全く変わってしまいます。

サイドアウトやネットすれば即相手に1点が入る競技で、コントロールが狂うことは勝ちから遠ざかることに等しいです。

 

私はシングルスもダブルスもしますので、トップヘビーを使ったりトップライトを使ったり、と使い分けることが多々あります。

たまに気分転換でおもしろそうなラケットで打つのはよしとしても、頻繁にバランスの違うラケットを使っていると、感覚が狂ってミスを連発してしまいます。

 

基本的にはバランスの似たラケットでショットの精度を上げていく必要があるな、と感じたので備忘録として残しておくことにしました。

 

バドミントンは奥が深いですね(‘ω’)

 

関連記事

KARAKAL(カラカル)のラケットにこだわるバドミントンプレイヤー。HSP(Highly Sensitive person)であると同時にカフェイン過敏症。
バドミントンライフの記録を中心に、HSPさんとして日々感じることなどについても記事を書きます。

スポンサードリンク