スポンサードリンク







WAVE CLAW(ウェーブクロウ)バドミントンシューズ@ミズノ

バドミントン, シューズ

シューズの形があっているのか再確認してもらった

長らくヨネックスのエアラスシリーズにお世話になっていましたが、大分古くなったので次のシューズを検討していました。

後継の最新シリーズはエアラス3なのですが、試し履きをしたところ、エアラス2に比べて幅が細くなったように感じ、あまり足にあっていないように感じました。

この機会に!と思って詳しい方に見てもらったところ、パッと見ただけで「シューズの幅(形)があっていない」と指摘されてしまいました…

ずっとヨネックスの3E(一番多いタイプ)で丁度良いと思っていたのですが、どうやら土踏まずからかかとにかけてが太いようで、ワイドタイプでシューズの装飾が横に圧迫してこないものが足にあっているだろう、とのこと。

フットワークはつま先でステップをたくさん踏むので、ワイドタイプには不安がありましたが…

 

ウェーブクロウを履いてみた

いろいろと履き比べてみて、デザイン的にも似合いそうだったので、ミズノのウェーブクロウ(ワイドモデル、4E相当)を購入してみました。

白黒のこれです。

 

選んだ理由は、

  • ゴツゴツして見えても意外と軽く感じた。
  • 足の形に合っていると感じた(大きい一歩が蹴りだしやすかった)。
  • かかとのクッションが柔らかく、それでいてステップは踏みやすいと感じた。

といったところでした。

これまでバドミントンシューズで最軽量のエアラスシリーズを使用していたので、どんなシューズを選んでも重く感じるんだろうな、と覚悟はしていましたが、意外とそれほど重くは感じませんでした。

これぐらいの重さでこのクッション性であれば、重くなるデメリットよりも、むしろ疲労が軽減されて、朝からファイナルゲームが続くような長い試合をこなしたときにメリットがあるかもしれないな、と思いました。

特に、シングルスやミックスにはいいと思います。

 

なお、デザインについては、白い紐が少し残念でした。

個人的には黒い紐の方があっていると思ったので、紐は別のものを買って交換しました。

デザイン面はそれくらいで、他は結構気に入っています。

白黒なのでどんなウェアやハーフパンツでもシューズの色が邪魔をすることはありません。

 

あとは、その後の消耗具合といったところですが、これについては使ってみないとなんとも言えないので、しばらく使ってみたいと思います。

全体的なフィーリングとしては、なかなかよさそうな予感がしています。

 

思い切って詳しい方に見直してもらってよかったな、というのが全体の感想。

今はネットでいろいろと買えますが、見極めは知識のある方にしかできませんので、しっかり見てもらうことは大切だな、と痛感した一件でした。

 

 

関連記事

KARAKAL(カラカル)のラケットにこだわるバドミントンプレイヤー。HSP(Highly Sensitive person)であると同時にカフェイン過敏症。
バドミントンライフの記録を中心に、HSPさんとして日々感じることなどについても記事を書きます。

スポンサードリンク