HSP, カフェイン過敏症

HSPさんの特性をまとめてみる

このブログのあちこちで

「HSPさんはこういう特性があるので~」

という書き方をしていますが、感じ方は人それぞれだと思います。

このブログでは、HSPに関する書籍やウェ ...

全般

このブログについて

このブログは、次のような要素で構成されています。

 

「HSP」

Highly Sensitive Person(HSP、ハイリーセンシティブパーソン、生まれつきとても感受性が強く敏感 ...

バドミントン, グリップ

ナノタオルグリップ(YONEX)

普段はウェット系のグリップを使用するが、不定期で、なんとなくタオルグリップを使いたくなる。

モアのロールは安く手に入るが、タオル生地があちこち散らかって汚れるし、巻きたてと使用後の太さの変化 ...

トレーニング, バドミントン

バドミントン用素振りカバーを比較してみる

練習日は限られていて、体育館で打ちたいときに打てるわけではないので、羽が打てない日は何かトレーニングをしておくのが一番。

ということで、いつでも家の中でできる素振りを充実させるべく、 ...

HSP, カフェイン過敏症

毎日仕事や日常生活をこなすだけで、刺激量がいっぱいいっぱいのHSPさん。

特に事件などなくても、普通に暮らしているだけで、十分な刺激を受けてしまいます。

そして、あれこれ刺激を受けると、体がこわばったりして凝っ ...

バドミントン, シューズ

次のシューズをどうするか問題

長く愛用してきたエアラス2(ヨネックス )が破れてしまったが、後継のエアラス3は規格が変わって横幅が細くなり、自分の足に合っていないことが判明したため、次のシューズをどうするかについて、試行錯誤の日々が続い ...

バドミントン, ラケット

ラケットで重視すべきは、重さ?バランス?

カラカルのラケットをいろいろと持ち替えながら、いろんなプレーを楽しんでいるわけですが。

以前は、重さ(ラケットの総重量、3Uとか4Uとか)が一番大事だと思っていました。

...

HSP, バドミントン, シューズ

バドミントンシューズの紐の締め方

競技によって靴紐の結び方にもコツがあるそうで。

バドミントンがとっても上手な方から、バドミントンシューズの靴紐の締め方を習いました。

結論から言うと、

つま先を起こし ...

バドミントン, シューズ

シューズの形があっているのか再確認してもらった

長らくヨネックスのエアラスシリーズにお世話になっていましたが、大分古くなったので次のシューズを検討していました。

後継の最新シリーズはエアラス3なのですが、試し履きをしたところ ...

バドミントン, ラケット

ラケットに迷う日々

私は、シングルス、ダブルス、ミックスの3種類を練習しています。

しかし、やればやるほど、全然別の競技だな、と思い知らされます。

シングルスではこのラケットとこのテンションがいい!といってそれで ...

バドミントン, ハイバック

ハイバックのコツ

ハイバックの上手い人にいろいろと尋ねてみると、人によって教え方やポイントが違うので、

教えてもらったことを記録して整理してみよう、という企画。

今回の収穫はこちら。

 

HSP

他人の精神状態と同期してしまう

最近、なんだか気分がすっきりせず、モヤモヤするな、と思っていたのですが、原因がわかりませんでした。

こんなときは思いっきり体を動かすに限る。

ということで、バドミントンでシングルス ...

バドミントン, シューズ

シューズ選びは重さ

私はバドミントンシューズ を選ぶときは、なにより重さを重視しています。

バドミントンを始めた頃、クッションが大事!と教わり、しっかりとした重たいシューズで練習していたのですが、どうしてもフットワークが出遅 ...

バドミントン, ラケット

TATTOO DEVIL WHITE(カラカル)

公式では、

シングルス・ダブルスでも“ガッツリ”打つショットでゲームを組み立てるプレーヤーにお勧め。
小さな力で大きなヒッティングパワーを体感できます。

...

HSP

HSPさん的スマホが苦手な理由

私はスマホが苦手です。

もちろん操作もできますし、いろいろなアプリが使えて便利なのですが、どうしても持つ気になれず、ガラケーのまま仕事をしています。

ただし、調べ物など外出先で困る ...

バドミントン, ラケット

M75FF(カラカル)

公式サイトでは、

スピード・パワードライブで攻めていく競技系攻撃型プレーヤーにお勧め。

競技者が求める「復元力が高くパワフルだがあくまでもシャープな打感」と「しっかりシャトルをとらえて軽い ...

HSP

SNSは向いていないことを受け入れる

HSPさんは、一つの情報をじっくり吟味してそこから多くの情報を得ることに長けています。

他方で、多くの情報が大量に流れ込んでくると、処理が追い付かなくなり、かなりの負荷がかかってしまいま ...